CREATIVEデザイン

Webデザイナー/担当者おすすめ/社員の年次や階層に合わせた研修を提供する

株式会社ラーニングエージェンシー
  • 460万円〜600万円
  • 東京都千代田区
  • デザイン
職種

Webデザイナー

仕事詳細

〇当社のWeb担当者として、CMS運用から顧客視点に立ったWebサイトの企画・立案・実行・改善までをディレクションしていただきます。具体的には、下記の業務をお任せします。
・当社Webサイト全体の方針検討
・CMS運用
・Webガイドラインの方針検討~運用
・LP(ランディングページ)制作ディレクション
・Webサイトの効果測定およびSEO/CROによる改善提案
・外部媒体の運用ディレクション など
〇また、ゆくゆくはより広い領域にもチャレンジしていただきたいと考えておりますが、ご自身のキャリアパスと照らし合わせながら、長期視点で一緒に決めていける環境です。一例としては下記の通りです。
・UI/UX設計
・コンテンツマーケティング
・MAやDMなど各種ツールを駆使したマーケティング施策の企画立案
・事業戦略に基づくWebサイト構築・Web担当者の育成 など

【仕事のやりがい、魅力】
・Web担当者のポジションではありますが、人材育成という無形商材だからこそ、Webデザインやコーディングのスキルにとどまらず、事業戦略やマーケティング戦略、人材育成の知見を掛け合わせて、当社のWebサイトの価値を高めることが期待されています。
・事業部内セッションや勉強会、社内図書館等、充実した社内人材育成の仕組み、制度があり、成長を支援する環境が整っています。

基本給:230,020円~300,020円
固定残業代:98,580円~128,580円(普通残業54.5時間相当)

雇用形態

正社員

勤務時間

8:30〜17:30

休日休暇

完全週休2日制(土・日)

国民の祝日・休日

年末年始休暇

夏季休暇等会社で定める日

年次有給休暇

特別休暇

産前産後休暇

育児介護休暇

年収について

※年俸を14分割し、12分割分を月々の固定給与として、2分割分を通常賞与として支払います。
試用期間:有:6ヶ月(その間の原則待遇に変わりはありません)

勤務地

千代田区

交通

最寄り駅 「日比谷」駅

求める人物像

【必須】
◇四年制大学、大学院、専門学校もしくは高等専門学校を卒業された方
◇転職回数:4回(弊社が6社目の方)まで
◇就労歴:在籍企業にて正社員としての就労経験をお持ちの方
◇以下全てを満たす方
 ・社会人経験5年以上
 ・WEBデザイン、WEBサイト構築経験
 ・HTML/CSSを使用したコーディング経験

【尚可】
◇CMSの実務経験
◇Illustrator/Photoshopの実務経験
◇Google AnalyticsやGoogle searchconsoleなど各種分析ツールの使用経験
◇デジタルマーケティングの知識を有する方

待遇・福利厚生

健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 

通常賞与:年2回(6月・12月)

業績連動賞与:年1回(6月)

交通費全額支給

出張手当

役職手当

職種手当

各種報奨制度

時間外労働:有

COMPANY企業概要

会社名

株式会社ラーニングエージェンシー

所在地

東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町ITOCiA(イトシア) オフィスタワー18F

従業員数

221人

事業内容

■人材総合支援サービス:『Biz CAMPUS』 ■その他社員教育サービス:(モバイルナレッジ/Biz SCORE Basic 他) ■企業内研修:(幹部育成研修・管理職研修・ビジネススキル研修・新?社員研修他) ■組織/人事 コンサルティング 『企業の根幹となる人材の成長で、圧倒的NO.1を獲得する』このスローガンのもと、2006年に設立。業界初の研修教育サービスを生み出し、これまで10,000社以上の企業の人材育成の支援をしてきました。この数は、人材育成分野において国内最?規模になります。2019年4月1日に、更なる事業の拡充と拡?を目指し、株式会社同社に社名を変更。人材育成の課題解決の担い手として、人・組織の成長に貢献する事業・サービスの開発に積極的に取り組んでいきます。 ◆人材育成 × イノベーションで圧倒的No.1へ 企業の経営課題は売上アップ、コストダウンと様々。しかしその根底にあるのは、それらの課題を解決するための「人材育成」。多くの企業の課題解決に携わってきた中で、私たちは人材育成の意義と、その奥深さに気づきました。これほど社会的意義があり、影響力のある課題は他にはないと。世の中が日々刻々と変化していく中、どんな企業であっても成長し続けるためには必ず変革の時が訪れます。売上アップもコストダウンももちろん大切ですが、その変革の担い手を創りだす「人材育成」こそ、最も重要なテーマであると、私たちは考えます。 ◆同社が創りだす、新しい人材育成の世界。 「自社の社員を育てたい」そう深く考え悩む時、同社という社名が頭をよぎる。世の中の企業にとって、そんな存在であり続けたいその想いから、これまで当たり前とされていた人材育成の方法論を覆すサービスを生み出し続けてきました。その先進性と革新性が認められ、現在業界でも圧倒的なシェアを築いています。現状を否定し、市場の一歩先を読み、新たな価値を生み出し続ける、同社だからこそ実現できる、人材育成の世界がここにあります。